ヨーロッパ鉄道の旅18日目その5:ローマ(Rome)市内観光。フォロ・ロマーノ(Foro Romano,Roman Forum)からコロッセオ(Colosseo, Colosseum) Earth walking / 地球歩き 忍者ブログ

2019
08
20

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2019/08/20 (Tue.)

2011
03
01

ヨーロッパ鉄道の旅18日目その5:ローマ(Rome)市内観光。フォロ・ロマーノ(Foro Romano,Roman Forum)からコロッセオ(Colosseo, Colosseum)

ポルティコ・ディ・オッタヴィア(il portico d'ottavia)とマルケス劇場(Teatro di Marcello)を抜けて、やや北側に見える巨大な白い建造物ヴィットーリオ・エマヌエーレ2世記念堂(Monumento Nazionale a Vittorio Emanuele II)へと向かいます。
ヴィットーリオ・エマヌエーレ2世記念堂(Monumento Nazionale a Vittorio Emanuele II)


この記念堂の基礎の部分はこれまた遺蹟っぽい建物ですねぇ。なにかの遺跡の上に建てられたのでしょうか??っと思って見上げてみると教会がありました。サンタ・マリア・イン・アラコエリ教会(Santa Maria in Arakoeri)といって、内部は結構立派なようです。が、今回は時間もないのでパス。
サンタ・マリア・イン・アラコエリ教会(Santa Maria in Arakoeri) サンタ・マリア・イン・アラコエリ教会(Santa Maria in Arakoeri)


ふと右手をみると、長―い階段とその奥にある特別そうな建物を発見。ここはローマにある古代ローマ時代の7つの丘(ローマ七丘)のひとつで、カンピドリオ (Campidoglio)とよばれるそうです。ローマ七丘の中でも最も高く、ローマの中心だったそうです。で、その丘の上にある建物がローマ市庁舎(Comune di Roma)なんだそうです。ってことで今もローマの中心として機能しているんでしょうねぇ。
カンピドリオ (Campidoglio)のローマ市庁舎(Comune di Roma)


長―い階段を使ってさっそく丘を登ってみましょう。
カンピドリオ (Campidoglio)の階段


階段をのぼりながら左手を見上げると、ヴィットーリオ・エマヌエーレ2世記念堂(Monumento Nazionale a Vittorio Emanuele II)とサンタ・マリア・イン・アラコエリ教会(Santa Maria in Arakoeri)がそびえ建っています。ヴィットーリオ・エマヌエーレ2世記念堂(Monumento Nazionale a Vittorio Emanuele II)は遠くから見るととっても目立って立派な建物なんだそうですが、歴史上はあまり重要でないそうです。シルビア曰く、自己満足か何かのために建てられたそうです。ってことで今回は素通り。
ヴィットーリオ・エマヌエーレ2世記念堂(Monumento Nazionale a Vittorio Emanuele II)とサンタ・マリア・イン・アラコエリ教会(Santa Maria in Arakoeri)


階段を登りきるとカンピドリオ広場(Piazza del Campidoglio)が広がっています。ミケランジェロが設計したそうです。その奥にローマ市庁舎(Comune di Roma)が。控えめな豪華さを感じますね。
ローマ市庁舎(Comune di Roma) ローマ市庁舎(Comune di Roma)


カンピドリオ広場(Piazza del Campidoglio)からローマ市庁舎(Comune di Roma)の隣の通りを抜けて進むと、その奥には巨大な遺跡が広がっていました。
フォロ・ロマーノ(Foro Romano、Roman Forum)


ここがフォロ・ロマーノ(Foro Romano、Roman Forum)といって、古代ローマ時代の初期の町が栄えていたところなんだそうです。ここからはじまった町がいずれヨーロッパ中を支配するようになるわけです。そう思うと、なんだか歴史上ものすごく重要な位置に立っている気がしてなりません。当然、世界遺産に認定されています。
フォロ・ロマーノ(Foro Romano、Roman Forum) フォロ・ロマーノ(Foro Romano、Roman Forum) フォロ・ロマーノ(Foro Romano、Roman Forum)
フォロ・ロマーノ(Foro Romano、Roman Forum) フォロ・ロマーノ(Foro Romano、Roman Forum)


中にはいくつかの凱旋門が建てられています。戦争に勝利した記念に建てられていたそうです。これはセプティミウス・セウェルスの凱旋門(Arcus Septimii Severi、Arch of Septimius Severus)でしょうか?その造りの素晴らしさを一番近くで実感できる凱旋門だと思います。
セプティミウス・セウェルスの凱旋門(Arcus Septimii Severi、Arch of Septimius Severus) セプティミウス・セウェルスの凱旋門(Arcus Septimii Severi、Arch of Septimius Severus)

結婚式の前撮りの場所としても有名なようです。
セプティミウス・セウェルスの凱旋門(Arcus Septimii Severi、Arch of Septimius Severus)


このフォロ・ロマーノ(Foro Romano、Roman Forum)の周りにも別のフォラムがあります。王が変わるとそれぞれ自分独自のものを作っていたらしいです。フォロ・ロマーノ(Foro Romano、Roman Forum)の西側にはフォリ・インペリア通りという大きな道路が通っているのですが、その道路の反対側にあるトラヤヌスのフォルム( Forum Traiani、Trajan's Forum)にはショッピングセンターのような建物があったそうです。1階が食品、2階が服みたいな感じで。ちなみにこのフォリ・インペリア通りはコロッセオ(Colosseo, Colosseum)へと続く大通りで、ムッソリーニがフォラムを分断して作らせたそうです。
フォロ・ロマーノ(Foro Romano、Roman Forum)


さて、そのままコロッセオ(Colosseo, Colosseum)へと向かいましょう。コロッセオはフォロ・ロマーノ(Foro Romano、Roman Forum)のすぐ東側にあるのですが、これまたでかさがハンパナいです。目の前にそびえる巨大な円形の遺跡は迫力満点。
コロッセオ(Colosseo, Colosseum) コロッセオ(Colosseo, Colosseum)


すぐそばにはコンスタンティヌスの凱旋門(Arco di Costantino)という世界遺産に登録されている遺跡もあります。
コンスタンティヌスの凱旋門(Arco di Costantino)


ここらで雨が強く降ってきたので、今日の観光はここまで。メトロで宿に戻って本日のガイド役のシルビアとお別れ。一日で結構見て周ったなぁ。シルビアには感謝感謝です。



今夜はテルミニ駅近くの別の宿に泊まるので荷物をもって移動。移動にはメトロを使ったのですが、混みまくっていてかなりきつかった・・・。クタクタになりながら宿に到着。今回の宿は比較的簡単に発見できました♪若者に人気なホステルのようでレセプションには多くのバックパッカー達が今夜の宿を求めてやってきていました。ここはキッチンはないのですが、barが併設されています。しかも宿泊につきウェルカムドリンク付き。とりあえず、近くのスーパーで晩飯の食材を調達しに行って戻って来ると、なんと、リスボンで一緒だった韓国人のチェリーと偶然にも同じ宿(驚)話を聞くと、リスボンで別れたあとバスでスペインのセビーリャに行って、そこからマドリッド→バルセロナ→フランスのニース→ローマみたいなルートをたどってきたそうです。今日はポンペイのガイドツアーに参加してきたのだとか。次はヴェネチアのカーニバルを見に行くらしい。ヴェネチアにはコリアン宿があって一泊32ユーロぐらい?で食事付きなんだそうです。カーニバル中にしてはお得ですね。 そんなこんなでチェリーと近況報告したり、ネットしたり、洗濯したりして12時ごろに就寝。



ヨーロッパ鉄道の旅19日目へつづく。






人気の関連ブログはこちらから
にほんブログ村 旅行ブログへ

PR

2011/03/01 (Tue.) Comment(0) イタリア

Comments

名前
メールアドレス
URL
コメント
PASS  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

格安航空券検索



カレンダー

07 2019/08 09
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

リンク

カテゴリー

フリーエリア

最新コメント

[03/30 Earth walker]
[03/30 Hata]
[01/14 Earth walker]
[01/10 shin3yu3]
[01/08 Earth walker]

最新記事

最新トラックバック

プロフィール

HN:
Earth walker
性別:
非公開

バーコード

RSS

ブログ内検索

アーカイブ

最古記事

P R

カウンター

アクセス解析

人気ブログ

にほんブログ村 旅行ブログへ