ヨーロッパ・鉄道の旅2日目その1:マドリード(Madrid)でいきなりスリに会う Earth walking / 地球歩き 忍者ブログ

2017
09
26

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2017/09/26 (Tue.)

2011
02
13

ヨーロッパ・鉄道の旅2日目その1:マドリード(Madrid)でいきなりスリに会う

前日の日記はこちら

2日目の朝。部屋は夜を通して暖かかったが、なんか乾燥していて喉がヘンな感じ。。。8時過ぎごろに目覚めて、ホステルで朝食。このホステルは朝食付なのでとっても楽ちん。っていっても並べられている食パンやシリアル、ミルクやコーヒーなどを自分で準備して食べるだけの普通のコンチネンタルブレックファーストですが・・・。ないよりは増し。

朝食後、9時半ごろから観光開始。

本日の予定は・・・





未定。





まったくのノープランです(汗


出発前にホステルのレセプションの兄ちゃんに聞いたら美術館とかが無料になっていると思うとの回答。ロンプラをチェックしたら確かに日曜日は無料って書いてある。

とりあえずそっち方面に行ってみることに。


外に出ると辺りは人っ子ひとりいなくて静まり返ってた。10時前なのに・・・。日曜日はしっかりとお休みするみたいです。


グランビア通りに出ても静かなもんで、観光客らしき人もすくない・・・。


グランビア通り沿いは豪華でおしゃれな建物が多い。


交差点の向かいにも特別そうな建物が・・・。これは郵便局っぽい。



そこから南下して行くとプラド美術館(Museo Nacional del Prado)に到着。


何箇所か入口があるのだが、正面一階部はエキシビジョン用みたい。2階の入口から入ろうとすると、普通にチケット代を取られかけた(汗)どうやら無料なのは夕方の5時以降らしい。

っということでプラド美術館を後にしてソフィア美術館に行ってみることに。途中で側壁いっぱいに植物を植えている異様な建物を発見。Caxia Forumというアートミュージアムらしい。中には斬新な映像エキシビジョンが開催されていて面白かったです。写真は建物の階段。エキシビジョンは写真撮影禁止でした。


そこから徒歩5~10分ほどでソフィア美術館(Museo Nacional Centro de Arte Reina Sofia)に到着。この美術館は主にモダンアートが集められていて、ここにある作品で有名なのといえばピカソの『ゲルニカ』。学生の時の美術の教科書で見たことがあるってだけで、特によくわからないけど、どうせタダなら見ておくかってことに。

しかし、ここで事件が発生!!



美術館前の広場にあるオブジェの写真をとりながら入口方向に向かって階段を上っていると・・・



背後に窮屈さを感じる・・・。



振り向くと地図を広げた女子2人組。目があった瞬間、地図を見ていたらぶつかりそうになっちゃいましたって感じで再び地図に目をうつす。こんだけ誰もいない階段でどんだけくっついてんねん!と思った瞬間、まさか!と思って後ろ手に背中に担いでいたバックに手を伸ばすと・・・


バックが開いてる。


オイ!っと思ってもう一度振り向くとそそくさと2人組は退散していました。


幸いにも、普段から財布等の貴重品を持ちあるかない習慣の自分はバックの中身もティッシュペーパーや空港でもらった観光地図、ボールペン、ガイドブックなどしかなく、チェックするまでもなく被害はなし。

しかし、こういうときって何も取られなくても腹が立つもんで、ソフィア美術館に入った後も、美術鑑賞っていう気分にはなれず。さらっとグランドフロア(一階)を歩きまわって、外に出ることに。

どうも気が収まらないので、入口付近で2人組を探してみると・・・


発見!どのツラして人の貴重品を盗もうとしてんねん!と思って写真を撮ろうとすると、相手も気がついてさっと振り向いて顔を隠す。


階段を下りて相手に近づいていったら、相手も売店の裏の方へそそくさと退散。


構わず写真を撮りながら追いかける自分。ってな感じでしばし気晴らし。


気持ちを旅行に戻して、近くにあるアトチャ(Atocha)駅へ。実はレイルパス(鉄道パス)の有効期間が本日からはじまるので、使用開始の手続きをして、ポルトガル行きの列車のチケットを予約しておこうかと。

アトチャ駅はソフィア美術館から徒歩5分程。結構大きな駅。


まずはチケットカウンターへ。部屋の隅にある機械のボタン(今回はAdvanced bookingとかかれた上半分のどれか)を押して整理番号をもらい待つこと数分。案内されたカウンターに行って、レールパスとパスポートを渡せばレールパスにスタンプを押してくれました。これで使用開始の手続き完了。


続いてポルトガル行きの列車の予約。翌日の夜行列車で行こうと思ったら、ついてない事に翌日はポルトガルの鉄道員がストライキしてて列車がないらしい・・・。うーん、ホステルは今晩までしか予約してないけどどうしよう・・・・。とか思ったけど、どうしようもないのでとりあえず翌々日の夜行列車を予約。レールパスを使って予約代の€7.25だけ支払いました。いやー、安い。


そして、本日のこれからのプランは・・・、どうせ今日からレールパスが使えるなら列車に乗ってどっかに行こうということに。駅員さんに色々と聞いてみた結果・・・、


①アトチャ駅(ここ)からローカル列車でセゴビア(Segovia)へ:レールパスでタダ、所要時間約2時間
②アトチャ駅(ここ)からAVE(ハイスピード列車)でセゴビアへ:レールパス+予約料€6.5、所要時間約30分
③チャマルティン(Chamartin)駅からAVEでトレド(Toledo)へ:レールパス+予約料€6.5、所要時間約30分


以上が、妥当な選択肢みたい。

とりあえずお金をケチりたかったのと列車の中で予定の狂った明日の予定を立てようと思って①のローカル列車でセゴビア行きプランに決定。


レールパスを見せて改札を通過。どこのホームかよくわからなかったけど、駅員に聞いて言われたところで待つこと数十分。セゴビア行きのローカル列車が到着。ローカル列車といっても2階建てでトイレ付。かなりでかい。そして乗り心地もゆったりしていて快適。

マドリードの郊外はこんな感じ。ちょっと都市を離れると、結構な荒野って感じ。途中で家畜を放牧していたり、石壁が続いていたり。セゴビアに近づくにつれて雪も残っていました。


セゴビアまでは約2時間でしたが、車窓を眺めたり明日以降の予定を練ってたりしてたらあっという間に終点のセゴビアに到着。


そして明日からのプランは・・・・


全然予備知識が無さ過ぎて決められず・・・。っていうかどんな選択肢があるかもはっきりせず(汗)。

まぁ、そのことは後回しにして、とりあえずは世界遺産都市の『セゴビア』を楽しむべく、駅から街へ繰り出したわけです。

その2へ続く


人気の関連ブログはこちらから
にほんブログ村 旅行ブログへ

PR

2011/02/13 (Sun.) Trackback(0) Comment(0) スペイン

Comments

名前
メールアドレス
URL
コメント
PASS  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

Trackback

Trackback for this entry:

格安航空券検索



カレンダー

08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

リンク

カテゴリー

フリーエリア

最新コメント

[03/30 Earth walker]
[03/30 Hata]
[01/14 Earth walker]
[01/10 shin3yu3]
[01/08 Earth walker]

最新記事

最新トラックバック

プロフィール

HN:
Earth walker
性別:
非公開

バーコード

RSS

ブログ内検索

アーカイブ

最古記事

P R

カウンター

アクセス解析

人気ブログ

にほんブログ村 旅行ブログへ