ヨーロッパ鉄道の旅20日目その1:コロッセオ(Colosseo, Colosseum)とフォロ・ロマーノ(Foro Romano、Roman Forum)の中へ Earth walking / 地球歩き 忍者ブログ

2019
08
20

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2019/08/20 (Tue.)

2011
03
03

ヨーロッパ鉄道の旅20日目その1:コロッセオ(Colosseo, Colosseum)とフォロ・ロマーノ(Foro Romano、Roman Forum)の中へ

ヨーロッパ鉄道の旅19日目はこちら。





ローマ、っというかイタリア最後の日。朝8時ごろに起きて朝シャン。そしてのんびりとチェックアウトの準備をする。チェリーとは今日でお別れ。彼女も出発の準備中。最後にお別れだけ行って、10時ごろにチェックアウト。



さて、観光に行きましょうか!っとなる前に、荷物を預けてホステルのバーで朝食♪またまたフレンチトーストを食べながらのんびりしている間に、朝から降っていた雨がやんで青空が顔をだしてきました。



思えばローマに来てからはずっと雨だったので、最後の最後にキタ!っと思って、いざコロッセオ(Colosseo, Colosseum)へ。



ローマはあまり広くないので、主要な観光地は見て周るだけなら一日で行けそうですね♪今日一日で全部行こうかな(笑)天気の良い時のバチカン市国(Vatican City)ももう一度行くか!?ってな気分。空が晴れると気分ものってきますね♪



とりあえずメトロでコロッセオへ。当初はトラベルカード(€4)を買おうかと思ったけど、あまり元をとるほど乗りそうにないので、1回ずつチケットを買う事に。ガラガラの地下鉄に乗ってすぐにコロッセオに到着。
コロッセオ(Colosseo, Colosseum)


コロッセオの入場はかなりの列ができてました。€4追加して英語のガイドツアーを申し込むと、キューをスキップできるらしい。さらに、後々分かったのだが、コロッセオのチケットはフォロ・ロマーノ(Foro Romano、Roman Forum)等とセットになって€12。コロッセオのチケット売り場は大行列だが、フォロ・ロマーノ(英語ではローマンフォーラム)の方はガラガラ。そっちでチケットを買った方が断然良いです。
コロッセオ(Colosseo, Colosseum)のチケット行列


行列に並びながら見上げたコロッセオの壁。何百年もここにあると思うと考え深い。
コロッセオ(Colosseo, Colosseum)


長い待ち時間を経てコロッセオの内部へ。内部の迫力は圧巻です。
コロッセオ(Colosseo, Colosseum)


大昔の人がこんな巨大なスタジアムを作ったなんてビックリ。地下室まであったようです。電気もない時代にすごいですねぇ。ここも日本人がいっぱいいました。
コロッセオ(Colosseo, Colosseum) コロッセオ(Colosseo, Colosseum)


コロッセオからはコンスタンティヌスの凱旋門(Arco di Costantino)も良く見えます。
コンスタンティヌスの凱旋門(Arco di Costantino)


次はフォロ・ロマーノへ。入口がわからずしばらくさまよっていたら、犬の顔みたいな木やなんだか特別っぽい教会風な建物を発見。
ローマで見つけた犬の形をした木


そんなこんなでフォロ・ロマーノへ。地図を見てたら全く迷うような場所ではなかったですね(笑
フォロ・ロマーノ(Foro Romano、Roman Forum)


ここは一番初めにローマの町が作られたところです。昔は今みたいに車等がなかったので、コンパクトな街になってたんでしょうか??ヨーロッパの街はどこもコンパクトで観光しやすいですね。



壁にはローマ帝国の移り変わりの様子が描かれています。はじめはここフォロ・ロマーノから起こった町でした。
ローマ帝国の勢力図1


しかし最終的には地中海沿岸すべてを納める大帝国に。すごいですねぇ。
ローマ帝国の勢力図2 ローマ帝国の勢力図3
ローマ帝国の勢力図4


この遺跡には、現存するローマ最古の凱旋門である「ティトゥスの凱旋門」や、「アントニヌス・ピウスとファウスティナ神殿(Temple of Antoninus and Faustina)」、「ウェスタ神殿(Temple of Vesta)」、「カストルとポルックス神殿(Temple of Castor and Pollux)」、「バシリカ・ユリア(Basilica Giulia)」、「フォカスの記念柱 ( La Colonna di Foca、The Column of Phocas)」、「サートゥルヌス神殿(Temple of Saturn)」、「セプティミウス・セウェルスの凱旋門(Arch of Septimius Severus)」、「ウェスパシアヌスとティトゥス神殿(Temple of Vespasian and Titus)」、「コンコルディア神殿(Temple of Concord)」、「タブラリウム(Tabularium)」、「ウェヌスとローマ神殿(Templum Veneris et Romae)」などなど、数え上げたらきりがないほどの歴史的建造物やその遺跡が残っています。1000年以上前にこんな重たそうな石をどうやって組み上げたのか??とか装飾の技術とか驚かざるえなことばかりです。観光する際は事前に予習しておかないとダメですね。
フォロ・ロマーノ(Foro Romano、Roman Forum) フォロ・ロマーノ(Foro Romano、Roman Forum) フォロ・ロマーノ(Foro Romano、Roman Forum)
フォロ・ロマーノ(Foro Romano、Roman Forum) フォロ・ロマーノ(Foro Romano、Roman Forum) フォロ・ロマーノ(Foro Romano、Roman Forum)
フォロ・ロマーノ(Foro Romano、Roman Forum) フォロ・ロマーノ(Foro Romano、Roman Forum) フォロ・ロマーノ(Foro Romano、Roman Forum)
フォロ・ロマーノ(Foro Romano、Roman Forum)


フォロ・ロマーノで偶然チェリーにまた会った(笑)ヨーロッパの至る所で会うなぁ。。。



ヨーロッパ鉄道の旅20日目その2に続く。




人気の関連ブログはこちらから
にほんブログ村 旅行ブログへ

PR

2011/03/03 (Thu.) Comment(0) イタリア

Comments

名前
メールアドレス
URL
コメント
PASS  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

格安航空券検索



カレンダー

07 2019/08 09
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

リンク

カテゴリー

フリーエリア

最新コメント

[03/30 Earth walker]
[03/30 Hata]
[01/14 Earth walker]
[01/10 shin3yu3]
[01/08 Earth walker]

最新記事

最新トラックバック

プロフィール

HN:
Earth walker
性別:
非公開

バーコード

RSS

ブログ内検索

アーカイブ

最古記事

P R

カウンター

アクセス解析

人気ブログ

にほんブログ村 旅行ブログへ